ユベントスが今夏のエムレ・チャン獲得を断念 メディアより


今回は、エムレ・チャンのことを書いてみたいと思います。
昨シーズンは、そのパフォーマンスに波があったと言われていましたが、今シーズンは、ここまで非常に良い状態でプレイが出来ていますね。
先日のホッフェンハイム戦も素晴らしかったですが、昨日のアーセナル戦で見せたプレイぶりは、陰の功労者と呼んでいいと思います。
さて、そのエムレ・チャンですが、いまだリバプールとの契約延長については、合意に至っておりません。

かねてから、エムレ・チャン獲得をユベントスが希望しているという報道はなされてきましたが、エコーが報じるところによれば、少なくとも今年の夏に関しては、ユベントスはエムレ・チャンを諦めるとのこと。

ただし、来年の夏、フリートランスファーで獲得しようという考えだともされています。
エムレ・チャンとリバプールとの契約は、残り1年間ですからね。

ユルゲン・クロップ監督としては、エムレ・チャンとの長期契約延長を希望していると言われていますが、なかなかサインまでこぎつけられないようです。

エムレ・チャンサイドが、どの部分で契約延長に躊躇しているのか?
そのへんの問題が明確であれば、リバプールとしても打つ手は出てくるとは思うのですが。

ただ、今シーズンにおいて、エムレ・チャンのプレイぶりを見ていると、リバプールでがんばる!という意思は伝わってきます。
おそらく、今年の夏についてはユベントスは諦めるという報道は、信憑性が高いように思います。

とはいえ、このまま契約延長に合意しないまま月日が経った場合、1月には何が起こるか分かりませんね。

新戦力の獲得も、もちろん重要な仕事ですが、現有プレイヤーとの契約関連についても、リバプールにはがんばってもらいたいところです。

契約延長に辿り着かない理由。
それが、エムレ・チャン自身の気持ちの中に原因があるのか?
はたまた、代理人の考えか?

仮にユベントスへ行くという未来があったとしても、出来ればフリートランスファーは避けたいところですね。
エムレ・チャンの件については、今後の動向を見守ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]