エムレ・チャンの契約延長交渉難航の原因はリリース条項設定に関する意見の相違か メディアより


リバプールとの残り契約期間が、あと1年を切っているエムレ・チャンですが、いまだに契約延長はまとまっておりません。
このままでいくと、来年の夏にはフリートランスファーとなることから、リバプールとしては延長をまとめたい意向とされていますが、交渉は難航しているようです。
その理由についてですが、Dailymailなどが報じるところによれば、リリース条項の設定にあるとされています。

エムレ・チャンは、契約延長で合意できていない理由について、「お金(サラリー)の問題ではない」としてきました。
もし、報道が正しければ、リリース条項設定に関わるクラブのスタンスとエムレ・チャンの希望が食い違っている。
そこが、原因だとされています。

今シーズンになって、エムレ・チャンは印象的なパフォーマンスを示しており、リバプールとしては、簡単には移籍できないような契約内容にしたいのかもしれません。

一方のエムレ・チャンとすれば、将来へ向けて、選択肢を狭めたくない・・・。

これは、バルセロナとコウチーニョの関係において、その条項がなかったことが移籍を阻んだことでも注目された点ですね。

具体的に、リバプールがどんな内容を提示しているのか?は、まだ分かりませんが、エムレ・チャンとしては、移籍も現実的に可能な額設定を望んでいるのかもしれません。

いろいろ課題はありますが、既にシーズンはスタートしているし、エムレ・チャンには、まずプレイに集中してほしいですね。

昨今は、巨額のマネーが動くことが、当たり前のようになってきており、今後の契約においては、リリース条項の設定の仕方にも影響を与える可能性もありそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]