リバプールがトーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)に関心を持っているとの報道も


フットボールの世界というのは、常に移籍関連の噂が浮上してきますが、リバプールがバイエルン・ミュンヘン所属のトーマス・ミュラー(ドイツ)に関心を持っている!という説もあるのだそうです。
これは、イタリアのCalciomercatoが報じていることだそうで、エコーも取り上げています。
トーマス・ミュラーといえば、独特の得点への嗅覚を持っているプレイヤーだと言っていいと思います。

どこまで信憑性があるか?という部分もありますが、トーマス・ミュラーには、リバプールの他に、ユベントス、アーセナル、チェルシーが獲得を欲しているとされており、4チームによる争奪戦と見られているようです。

報道の内容的には、今年の夏にも獲りたかったものの、いまだにその関心は続いていると・・・。

トーマス・ミュラーは、1989年9月13日生まれですので、年齢的には28歳ですね。
まだまだやれる!というところでしょうか。

私なりに、トーマス・ミュラーに対して抱いているイメージは、いつの間にかすーっとゴール前へ入ってきて、ゴールを決めていくタイプ・・・という感じです。
あれは、トレーニングだけで身につくものではないと思うし、天性の才があるのかもしれません。

バイエルン・ミュンヘンでの生活が長くなっているトーマス・ミュラーですが、毎シーズンのように、多くのゴールを決めているのは事実。

おそらく、イタリアのメディア筋からの情報ということで、主語はユベントスなのでしょうね。
補強といえば、まずリバプールとしては、最終ラインを充実させたいというのが、現実的な課題かと思います。

見方を変えれば、ディフェンスに弱味があっても、それ以上に得点力、破壊力を持っているチーム!という魅力も併せ持っているとも言えそうですが。

ただ、今回のセンターバック負傷などの現状を見るに、やはりピースが足りない・・・という現実はありそうです。
まずは、来る1月に、リバプールがどんな動きをするのか?に注目したいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]