リバプール対レスター戦の対戦成績など参考データ


プレミアリーグ第6節の対レスター戦、そのキックオフの時が近づいてまいりました。
リバプールとしては、ここから新たなチャレンジ!という気持ちで、堂々と戦ってほしいですね。
今回は、両チームの対戦成績など、参考データについて、若干取り上げてみたいと思います。

まず、本日キックオフのレスター対リバプール戦の試合日程や放送予定については、よかったら、下記のリンクをご参照ください。

『レスター対リバプール戦(17/18 プレミアリーグ第6節)の試合日程や放送予定など』

以下、簡潔に参考データを列記したいと思います。
なお、この数字等については、LFCが公式に出しているものを参照いたしました。

■プレミアリーグになってからの対戦成績(レスター・ホーム)
リバプールの4勝、3分け、4敗

■プレミアリーグにおける総合対戦成績
リバプールの10勝、5分け、7敗

■ゴールレス・ドローの少ない対戦カード
両チームの試合では、0-0というスコアが少ないそうで、リーグ戦では、過去に3度あっただけだそうです。
おそらく今日も、ゴールは生まれることでしょう。
それが、レッズのものであることを祈って。

■ユルゲン・クロップ監督下において200ゴールまであと4
リバプールの監督にユルゲン・クロップ監督が就任して以来、公式戦でリバプールは196ゴールをマークしており、もし今日の試合で4ゴール以上を決めると、200ゴール達成だとのこと。
非常に早いペースですね。

■ジェイミー・ヴァーディ
リバプール戦に強いプレイヤーとしては、ジェイミー・ヴァーディの名前があがってきます。
最近のプレミアリーグにおいてのレッズ戦3試合において、ジェイミー・ヴァーディは、5ゴールをマークしているそうです。

ジェイミー・ヴァーディについては、ユルゲン・クロップ監督も警戒をしていたようですが、鼠径部を痛めていたという情報もあり、どれだけのコンディションに戻っているか?という部分も、若干関係してきそうですね。

これらは、あくまで参考であり、リバプールとしては、ぜひ新たな気持ちで試合に入ってほしいと思います。

ファイティング・スピリットを高く持ち、絶対に勝つ!という姿勢で臨んでほしいですね。
今日の試合は、ここ数試合のもやもやを晴らす一戦にしたいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]