最も対峙するのが難しいストライカーはダニエル・スタリッジ(ビルヒル・ファン・ダイク)


いまや、プレミアリーグを代表するセンターバックになったと言ってもいいサウサンプトン所属のビルヒル・ファン・ダイク(オランダ)ですが、夏の移籍期間がやって来た際には、トランスファー・リクエストを提出したことが話題となりました。
結果的に、サウサンプトンは放出をせず、クラブに留まることになったわけですが、やはりリバプール・ラブはあるようです。
センターバックとして対決するにあたり、最大の難敵は「ダニエル・スタリッジだ!」としています。

ファン・ダイクが、ダニエル・スタリッジが最も難しいストライカーだと語ったことは、エコーをはじめとした英国メディアが、多く取り上げています。

私の記憶によれば、過日のこと、ジョエル・マティプが、リバプールで最も才能のあるプレイヤーは誰か?という質問を受けた際、「フィリペ・コウチーニョとダニエル・スタリッジ」とこたえていたことが印象に残っています。

センターバックからすると、ダニエル・スタリッジは、非常に対峙が難しいということなのかもしれません。

実際にプレイをしている一流どころが、口を揃えて言うのですから、ダニエル・スタリッジは、何かを持っているのでしょうね。

ここ数年は、繰り返される怪我に泣いてきたダニエル・スタリッジですが、今シーズンは非常にコンディションが良い状態だと言われています。

たしかに、そのプレイぶりを見ても、深い味わいを感じさせるものがありますね。

ダニエル・スタリッジ。
その活躍こそが、もしかしたらリバプール躍進の鍵を握っているのかもしれません。

それにしても、ファン・ダイク。
リバプール愛が強いということでしょうか。

出来ることならば、連れて来てあげたいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]