モハメド・サラーを賞讃するディエゴ・マラドーナ

Mohamed Salah


新しいクラブへと移籍した際には、フィットするまでには多少の時間はかかる、とはよく言われることです。
ただし、モハメド・サラーの場合は、プレシーズンのしょっぱなから、リバプールのプレイにフィットしていたように思えます。
このへんは、昨年のサディオ・マネにも共通しているようです。
リバプール加入以来、素晴らしいパフォーマンスを続けているモハメド・サラーには、多方面から賞讃の声が相次いでいるとのこと。

エコーによれば、マイケル・オーウェンとティエリ・アンリの両人も、モハメド・サラーの讃美者であるとのことです。

そんな中、エコーが記事にしているのは、数多い賞讃の声の中、モハメド・サラーにとって、最も名誉となることは、あのディエゴ・マラドーナまでもが、讃えるコメントを発していることだと。

ディエゴ・マラドーナは、次のようなことを発言したそうです。

「サラーは、右へ左へと動ける素晴らしいプレイヤーであり、足でもヘッドでも上手くゴールを決めることができるね」

「サラーは、イタリアにおいて、その才能に、より磨きをかけたんだ」

「彼のパフォーマンスを見ていると、まるでイタリア人のようだね」

また、ディエゴ・マラドーナは、モハメド・サラーがエジプトをワールドカップ出場へと導いたからでしょうか、エジプト代表についても言及しており、「決勝まで、試合を楽しみなさい」という趣旨のアドバイスを送っています。

どうも、ディエゴ・マラドーナは、すっかりモハメド・サラーがお気に入りになってしまったようです。

もっと決定力が向上すれば・・・・という声があることも承知はしています。
実際、そのとおりだとは思いますが、モハメド・サラーほどのスピードに乗った中でのフィニッシュは、非常に難度も高いことでしょう。

それでも、今後益々チームにフィットしてくれば、決定率もあがってくるはずだと、私は思っています。
そのとき、モハメド・サラーは、どのディフェンダーにも手の付けられない韋駄天になっていることでしょう。

モハメド・サラーに加え、リバプールにはサディオ・マネもいます。
この両翼。
ヨーロッパに、世界に誇る破壊力を見せてくれそうですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]