オックスレイド=チェンバレンはユルゲン・クロップの元で自信を取り戻す(ロビー・ファウラー)


ゴッドの愛称で親しまれるリバプールのレジェンド、ロビー・ファウラーですが、アレックス・オックスレイド=チェンバレンについては、率直に言って厳しいスタートになったとしつつも、彼は素晴らしいプレイヤーであり、リバプールでより輝くために、今一度基本に戻るべきだという趣旨の発言をしています。
さらにロビー・ファウラーは、ユルゲン・クロップの元において、彼は自信を取り戻すことだろうとも述べています。

ロビー・ファウラーの言葉については、Expressが報じており、この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Robbie Fowler)

率直に言えば、彼にとっては、ちょっと厳しいスタートになったように見えるね。

彼は、間違いなく良いプレイヤーであり、アーセナルのために良くやってきたし、今はリバプールのために良いプレイをしている。

私としては、彼は本来あるべき基本に戻るべきだと考えているよ。
本来の彼を取り戻すことだね。
そうすれば、自ずと自信もついてくるだろう。

私達は、より良くなったオックスレイド=チェンバレンを見ることができるだろう。
私は、そう思っているよ。

ユルゲン・クロップの元でプレイをすることによって、彼は自信を取り戻すと、私は思うんだ。

ロビー・ファウラーとしては、オックスレイド=チェンバレンのスタートは、厳しいものになったかもしれない。
しかし、本来彼は素晴らしいプレイヤーであり、そのときのフォームを取り戻すべきだと。
そして、ユルゲン・クロップの元でプレイをしていくことによって、彼は自信をつけていくだろう・・・ということを言いたいのだと思います。

ゴッドの言葉を励みとし、これからオックスレイド=チェンバレンが、その真価を発揮すべきときですね。

前節のプレミアリーグ、対マンチェスター・ユナイテッド戦、チャンピオンズリーグの対マリボル戦では、いずれも途中出場でしたが、徐々に良さが出て来ているように、私には見えました。

まだまだ、これから!ですね。

ユルゲン・クロップ監督が、適切な指導をしてくれることでしょう。

オックスレイド=チェンバレンとしては、ゴッドの言葉にプレイで報いたいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]