リバプールがティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)を補強ターゲットにしているとの報道も

Timo Werner


ヨーロッパのフットボール界は、移籍関連の噂ということであれば、事欠きませんが、今日あたりリバプールに関係する報道はといえば、レッズが来年の夏におけるRBライプツィヒ所属の点取り屋、ティモ・ヴェルナー(ドイツ)獲得において、トップランナーとなる自信を深めているというものでしょうか。
これは、Mirrorが記事にしており、それを引用する形で、エコーも報じています。

ティモ・ヴェルナーに関しては、同じブンデスリーガのバイエルン行きも噂にあったようですが、RBライプツィヒのSDが語るには、ルンメニゲ氏等と食事をしたが、ティモ・ヴェルナーに関する話題は、何も出なかったよ・・・とのこと。

すわ!リバプールが!という報道の流れのようです。

たしかに、リバプールがティモ・ヴェルナーを欲しがっているという噂は、かなり以前からありました。

快足にして、前線からディフェンスにも貢献できるタイプで、ユルゲン・クロップ監督のプランにぴったりだ!という声もあったと、認識しております。

ティモ・ヴェルナーは、1996年3月6日生まれの21歳。
リバプールが、新しいストライカー獲得へと動くのか。

若い芽も育ってきていますし、その動向に関心が集まりそうです。

いずれにしても、リバプールとしては、まず1月の段階で、ディフェンスの層を厚くしたいですね。

まず、ディフェンスラインを充実させた上での、ストライカー獲得検討か。
順番的には、そのようになるとは、私自身は思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]