エジプト代表がフレンドリー・マッチをキャンセル モハメド・サラーの負担軽減への一助にも


インターナショナル・マッチ・ウィークが近づいてきておりますが、私自身はエコーの記事で知ったわけですが、どうもエジプト代表が、11月8日に予定していたUAEとのフレンドリーマッチをキャンセルしたようです。
これによって、リバプールから参加するモハメド・サラーの負荷が減少することも期待され、リバプールにとってはポジティブなニュースと言ってよさそうです。

エジプト代表は、フレンドリーマッチを中止し、じっくりトレーニングにあてたい考えのようです。
まだ、ワールドカップ予選でのガーナ戦が残っていますが、エジプトは既に本大会出場を決めており、気持ち的には、随分と楽になったことでしょう。

モハメド・サラーは、リバプールでも多くの試合に出場しており、それでもスピードは衰えませんね。
まるで、無尽蔵のスタミナを持っているかのように感じますが、それでも休養も必要になると思うし、少しでもスケジュールに余裕ができれば、有り難いことだと。

スプリントを繰り返すタイプだし、長期的な視点でみても、クールダウンをする時期も持ちたいですね。

同じくスピード・スターと呼べるサディオ・マネも、代表戦明けには戻ってこられる見込みです。

両翼が、極力フレッシュな状態で臨めれば、リバプールにとっては追い風が吹きそうですね。

代表戦があるときには、常に心配なのが怪我の問題。
モハメド・サラーに限らず、各国代表のプレイヤー達が、元気にリバプールへ帰って来てくれることを祈っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]