デヤン・ロブレンはInstagramで家族への脅迫を受けていた


先だってのトッテナム戦で、スタート直後から低調なパフォーマンスが続き、早い時間帯での2失点に関与してしまったデヤン・ロブレンですが、激しい批判が殺到していたことは、想像に難くありません。
その後、デヤン・ロブレンが、自身のInstagramのデザイン等を変更し、コメントが出来ない設定にしたことが話題となっていましが、その真意を明かしたそうです。

エコーやMirrorが報じていますが、デヤン・ロブレンのInstagramには、家族への脅迫が書き込まれたとのこと。

禁句も入っていたようで、ここで書くのも、いかがかと思いますが、簡潔にいえば、「U(お前)の家族を殺す!」というような内容だったとのこと。

自分自身が非難されるならば、我慢ができたのかもしれませんが、家族への中傷、脅迫行為には、デヤン・ロブレンも耐えられなかったようです。

その上で、過日のハダースフィールド戦は、やはりトレーニング中に痛みが出て、かなりの量の鎮痛剤を飲まなければ、おさまらない状況だったとも。

たしかに、冷静な眼で見て、トッテナム戦でのデヤン・ロブレンのプレイは、軽率な部分もあったし、集中力を欠いていたと言われても仕方がないとは思います。
しかし、ご家族への誹謗中傷、いや、明らかに脅迫とも受け取れるような行為は慎むべきだと、私は思います。

デヤン・ロブレンは、おそらくメンタル的にもきつい日々を送っていることでしょう。
あとは、監督とチームメイトの助けを借りること。

プレイヤーは、ピッチの上で賞讃もされ、批判もされる。
ただ、何ら罪もないご家族を標的にするのは避けたいですね。

また、いつかデヤン・ロブレンがピッチに立ったときには、そのプレイする姿そのものを見ていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]