ビルヒル・ファン・ダイクが今後に含みを残す発言も


今年の夏におけるリバプールの最優先ターゲットは、ビルヒル・ファン・ダイクとナビ・ケイタだ!と、多々報じられてきました。
ナビ・ケイタに関しては、来年の夏に、リバプールへやって来ることで合意。
迫ってきた1月において、注目されるのは、やはりファン・ダイクがどうなるか?という部分かと思います。

今回、ファン・ダイクが、ちょっとした発言をしたそうで、エコーをはじめ、いくつかの英国メディアが取り上げています。

基本的に、ファン・ダイクは、サウサンプトンで幸せだと語り、このクラブのために100パーセントを尽くすと語っています。
ただ、今後来るべき時に含みを残した発言として、メディアは記事にしています。

ファン・ダイクが言ったとされる言葉は、次のようなものです。

「まず、言っておきたいのは、過ぎたことにコメントをするのは適切ではないということだ」

「ぼくは、クラブのために100パーセントを尽くすよ。毎日ハードにやっているし、ポジティブでもあり、どの試合でも勝利したいと思っている」

「ぼくは幸せだし、それが最も重要なことだろう。これから何が起こるかは見てみよう」

メディアがピックアップしているのは、 ‘we will just see what happens..’という部分です。

リバプールへの移籍に含みを残したものと、捉える向きがあるようです。

何が起きるのか?
それとも、ファン・ダイクには、何も変化は起きないのか?
そのこたえは、近いうちに見えてくることでしょう。

リバプールとしては、現状を見ても、何とかセンターバックを補強したいのは事実ですね。

さて、ファン・ダイクが所属するサウサンプトンと、リバプールはインターナショナル・ブレイク明けに対戦します。
どんな試合になるかが注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]