ナビ・ケイタのお父さんは熱狂的なリバプール・サポーターだった


来年の夏には、リバプールへ加入することが決まっているナビ・ケイタですが、goal.comに対して、幼い頃の思い出などを語ったそうです。
このことをエコーも報じています。
ギニア時代から、ナビ・ケイタの周りは、みんなリバプール・サポーターだったと!

特にナビ・ケイタのお父さんが、すごかったそうです。
そのおかげで、ナビ・ケイタは、幼い頃から、リバプールの話を聞かされて育ったのだと。

今回は、そのナビ・ケイタの言葉を、私なりにまとめてみたいと思います。

(Naby Keita)

友達はみんな、リバプールのサポーターだったよ。
ぼくも少年時代から(リバプールが)大好きだった。

だからぼく達は、話をまとめることが出来たんだよ。

実際にリバプールのシャツを着て、成長していけると思うんだ。
本物のリバプール!!!だよ!

ぼくの父が、ものすごいファンでね。
それはもうよく、リバプールのことを話したがっていたよ。

ぼくが、リバプールのことをよく知る前、幼い頃からでね。
もう彼は狂ってたよ。

もちろん、彼等(リバプール)が興味を持ってくれていることを知ったとき、来年には行けることになったときには、彼はとても光栄に思っていたよ。

父は、イスタンブールのことを話したがるんだ。
スティーブン・ジェラード、そして大きな試合をやってのけた、すべてのプレイヤー達のことをね!

これは、来シーズンにはナビ・ケイタ・・・。
お父さんをアンフィールドに招待するしかありませんね。

イスタンブールのことを熱弁する姿。
眼に浮かぶようです。

そんな環境で育ったナビ・ケイタにとって、自身の歓びであり、親孝行も出来たようです。

イスタンブールの奇跡をやってのけたスーパースターが、目の前に現れたとき、さてナビ・ケイタは、どんなリアクションをするのでしょうか。

リバプールへ来る日が楽しみですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]