ドルトムントもエムレ・チャン獲得を狙う メディアより

Emre Can


憶測で物事を言うのは、避けたいと思いますが、事実関係としては、エムレ・チャンとリバプールは、いまだ契約延長において合意をしておらず、このままでいくと、来年の夏にはフリートランスファーになるということですね。
細部の事情、その機微については、知る由もないわけですが、バイアウト条項の設定面において、両者の意見が合わないともされています。
エムレ・チャンには、かなり以前からユベントスが関心を示しているとされてきましたが、ドルトムントも準備をしているという報道が出て来ています。

報じているのはMirrorで、ドルトムントは、1月1日以降にコンタクトを取ることを熱望しているとのこと。
ユベントスとの競争に直面するとしています。

エムレ・チャンといえば、一部メディアでは、マンチェスター・シティに行くのではないか?という記事も存在し、混沌とした状況にあります。

ただ、Mirrorとしては、リバプールは契約延長を諦めていないとも報じています。

両者が納得し、サインまで辿り着けるか。
このまま月日が流れ、1月を迎えてしまうと、エムレ・チャンに対するオファーは、さらに活発化してくることでしょう。

今後も、粘り強く交渉を続け、リバプールが望むとおり、契約延長をまとめることができるか。
移籍金が入る1月の段階で放出するか。
来年の夏までは、リバプールにとどめ、フリートランスファーでの放出を容認するか。

リバプールとしては、どのタイミングで、どんな判断をするか。
なかなか、苦戦はしているようです。

ただ、このような状況にはありますが、リバプールでプレイをするエムレ・チャンは、その出場した試合において全力を尽くしている。
それは事実かと思います。

リバプール目線でいえば、何とか年内には方向性を決めたいことでしょう。
今後の推移を見守ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]