サディオ・マネは現地時間月曜日にもメルウッド帰還へ(セネガル代表も声明を発表)


11月10日に、ワールドカップ・アフリカ予選で、南アフリカに勝利したセネガル。
この段階で、セネガルは、ロシアワールドカップ本大会出場を決めたところです。
まだ、もう一試合、南アフリカとの対戦が残っていますが、それは、語弊があるかもしれませんが、いわば消化試合とも言えなくはありません。
そのような状況もあり、セネガル代表としては、ユルゲン・クロップ監督が希望していたとおり、サディオ・マネをメルウッドへ戻すことを正式にアナウンスしたとのこと。

今朝、早い時間に、この件については、ちょっと触れましたが、エコーをはじめ、他のメディアが発信している内容をよく見ると、既にセネガルのFAは、公式見解を出しており、代表チームとクラブ(リバプール)で協議した上において、サディオ・マネの早期帰還で合意したとのことです。

エコーによれば、現地時間の本日、月曜日にも、サディオ・マネはリバプールへと戻り、現地でフィジカルの状況をチェックするとのこと。

どうも、ハムストリング損傷再発の兆候も見られるそうです。

それが、シリアスなものではなく、週末のサウサンプトン戦に間に合うか?について、リバプールは今日にも、しっかりと見たいということのようです。

先週の南アフリカ戦では、サディオ・マネは、90分間のフル出場を果たしており、私自身、ちょっと心配もしていたところです。
詳しくは、メルウッドへ戻り、リバプールのメディカル・チームが、よく見ると思うのですが、何とかサウサンプトン戦には、間に合ってほしいですね。

ただ、リバプールはサウサンプトン戦を終えると、すぐにチャンピオンズリーグのセビージャ戦も控えており、それも踏まえて、ユルゲン・クロップ監督が、どのような判断をするかが、注目されます。

モハメド・サラーは、フレッシュな状態だし、フィリペ・コウチーニョも週末には戻れそうです。
あとは、アダム・ララーナが行けるか!という部分ですね。

サディオ・マネとしては、サウサンプトン戦は、古巣との対戦だし、気持ち的には出場したい思いが強いことでしょう。

元気な姿で帰って来てくれることを願っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]