ユベントスがエムレ・チャンと共にレオン・ゴレツカ(シャルケ)をも狙う

Emre Can


リバプールとの契約延長がまとまらず、このままでいくと、来年の夏にはフリートランスファーとなるエムレ・チャンですが、かねてからユベントスが強い関心を示しているとされてきました。
リバプールとしては、諦めずに契約延長に努力するとされていますが、一方各メディアでは、エムレ・チャンの代役として、リバプールがシャルケ所属のMF、レオン・ゴレツカ(ドイツ)獲得を視野に入れているとの報道を出していますね。
レオン・ゴレツカについては、この場でも何度か取り上げましたが、状況的には、エムレ・チャン同様、来年の夏には、シャルケとの契約が満了となり、移籍が有力視されています。

レオン・ゴレツカは、1995年2月6日生まれの22歳。
早い段階で、その才能を発揮し、「バラックⅡ世」と、呼ばれることもあった若手プレイヤーです。

ミッドフィールダーとしては、身長が高く、テクニック的にも優れており、パスセンスも高く、ドリブルも上手いというタレント。

ところで、エコーが報じているところによれば、ユベントスのチーフ・ディレクターが、エムレ・チャンに留まらず、レオン・ゴレツカをもターゲットにしていると明かしたとのこと。

ドイツコンビを揃って持っていこうという算段でしょうか・・・。

私としては、エムレ・チャンとリバプールとの契約延長をまとめるには、できれば年内、遅くとも1月の早い段階に・・・と、思っています。
そうでないと、残り契約期間が半年となってしまい、海外クラブからのプッシュが激しくなることでしょう。

リバプールが、エムレ・チャンとの契約延長にこぎつけない理由については、いろいろ言われていますが、双方の主張、その機微については、断言できるには至っていません。

リバプールが、エムレ・チャン側の要求を受け容れて、オファーを見直せば、契約延長に結びつくのか?
それとも、エムレ・チャン側としては、既に新しいクラブへの移籍を内心に抱いているのか?

シーズンの途中ですし、契約のことでこじれるという状況は、あまり好ましいものではないと思います。

リバプールが、最終的に、どんな判断をするのか。
その方向性は、1月には見えてくるようにも思われます。

いずれかの譲歩により、話がまとまるのか否か。
ここは、冷静に見極める必要がありそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]