ウェストブロムがトニー・ピューリス監督の解任を公式発表


プレミアリーグは、どのチームであっても力を持っており、世界でも最も厳しいリーグのひとつだと思いますが、結果が出なければ、監督解任というシナリオを辿る場合も珍しくありません。
この度、ウェストブロムが、トニー・ピューリス監督の解任を公式に発表しております。

ウェストブロムは、チェルシー戦において0-4の大敗を喫しており、結果的には、この敗戦が引導を渡したことになりました。

監督交代劇といえば、つい先日はウェストハムでも起こりましたが、やはりプレミアリーグは厳しい世界ですね。

ウェストブロムは、第12節を終えた段階で17位。
降格圏まで、あとひとつという状況ではありましたが、下位のチームは、相当な数が勝ち点で競り合っています。
この監督交代劇が、吉と出るか狂と出るか?ですね。

リバプールとしては、じっくりとチームづくりに邁進し、底力をつけていきたいところです。
下位グループが接戦であるように、2位以下も大混戦。

リバプールとしては、眼前の1試合に集中し、一歩ずつ順位をあげていきたいところですね。

今週は、セビージャ戦(CL)、チェルシー戦(プレミア)と、大きな試合が続くリバプール。
ここを乗り越えていきましょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]