ロベルト・フィルミーノはチームのエンジン(ユルゲン・クロップ監督)


リバプールにも、すっかり馴染み、多くのファンから愛されるロベルト・フィルミーノ。
その卓越したテクニックの素晴らしさは勿論のこと、ディフェンスの意識も高く、局面、局面でがんばる姿が感動をも呼びますね。
さりげない動きの中にも、ロベルト・フィルミーノならでは!というプレイを私達は見ることができます。

そのロベルト・フィルミーノについて、ユルゲン・クロップ監督が語っています。
彼は、チームのエンジンのような存在だと。

ここでは、Liverpoolfc.comに寄せられたユルゲン・クロップ監督の言葉、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Jürgen Klopp)

何ていうプレイヤーだろうね!
何て言えばいい?

もし、彼がボールを失えば、それを奪い返すために、彼はファイトする。
もう一度、ボールを取られれば、彼はまたファイトする。

彼は、チームのエンジンのように見えるね。

沢山の人々が、彼を評価してくれることが、私は本当に嬉しいよ。
彼は、見るに値し、すごくハードワークするしね。

彼等は全員がハードワークをしているが、ストライカーとしては、ゴールを決めるべきだと思うことだろう。
彼は、100パーセントになるよ。

私は、このチームのメンバーに、とても満足している。
そして彼等は、今夜も、それを証明する必要があるね。

しかし、私達がやって来た進歩は、歓ぶべきものだ。

ロベルト・フィルミーノは、陣形的にはストライカーのポジションを担当することが多いわけですが、相手ボールを奪う執念もすごいし、また巧みですね。

また、チームメイトに出すパスにも、思いやりを感じます。

ゴールシーンが、フットボールの醍醐味だとは思いますが、ロベルト・フィルミーノは、それ以外のシーンでも魅せてくれる。
素晴らしいプレイヤーだと思うし、これから益々その真価を発揮することでしょう。

思えばリバプールは、良いプレイヤーを獲得したものです。
ロベルト・フィルミーノが、今後更にゴール数を伸ばしていくようならば、リバプールの攻撃陣は、プレミアリーグ最強と呼べる。
贔屓目ではなく、率直にそう思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]