レオン・ゴレツカ(シャルケ)獲得レースでリバプールとアーセナルがリードとの報道も

Leon Goretzka


シャルケ所属のミッドフィールダー、レオン・ゴレツカ(ドイツ)といえば、これまでも再三、リバプールが狙っているという報道がなされてきました。
レオン・ゴレツカは、今シーズンをもって、シャルケとの契約が満了となることから、各メディアとしても、その去就には大きな注目を払っているようです。
さて、Expressが報じるところによれば、レオン・ゴレツカ獲得レースにおいては、リバプールとアーセナルがトップランナーの位置にいると。

同誌によれば、レオン・ゴレツカ側は、シャルケとの契約延長をする考えは皆無で、プレミアリーグ行きを模索しているとのこと。
プレミアリーグの多くのクラブが、その獲得を狙っているとされています。

マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムと、ビッグクラブが、軒並みレオン・ゴレツカに関心を持っているとのこと。

しかし、現時点で、レオン・ゴレツカ獲得レースをリードしているのは、リバプールとアーセナルだとExpressは、報じています。

ユルゲン・クロップ監督は、定期的に連絡を取り合っているともされています。

レオン・ゴレツカは、1995年2月6日生まれの22歳。
ミッドフィールダーにして、189cmという長身を誇ります。

大柄なプレイヤーでありますが、巧みなテクニックを持ち、パスセンスにも秀でており、ドリブルも上手い逸材との声が高いですね。

このまま時間が流れれば、必然的に、レオン・ゴレツカは、フリートランスファーとなりますが、先手を打ってリバプールが1月に動く!という可能性も囁かれているようです。

レオン・ゴレツカの場合は、プレイにおける柔軟性も兼ね備えており、中盤であれば、どんなポジションでもこなせるという強味もあります。
リバプールが、1月に動くことはあるのか!?
ちょっと注目ですね。

なお、アーセナルですが、メスト・エジルとアレクシス・サンチェスの去就に不安がある中、どうしても補強をしたい意向だとも・・・。

ここは、ユルゲン・クロップ監督のドイツ・コネクションに期待でしょうか。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]