レオン・ゴレツカを残留させるためシャルケが最後の説得か

Leon Goretzka


かねてから、リバプールが注目し続けていると報じられているシャルケ所属のミッドフィールダー、レオン・ゴレツカ(ドイツ)ですが、これまでも触れてきましたが、シャルケとの契約は今シーズンをもって満了となります。
これまでに報じられてきた内容からすると、レオン・ゴレツカがシャルケとの契約延長に合意する可能性は、極めて低いと見られているようですが、シャルケとしては、何とかしてレオン・ゴレツカを残留させるため、最後の説得を試みるという報道が浮上してきています。

これは、ドイツのBildからの情報だとしてエコーが報じているもので、シャルケとしては、クラブ史上最高となる年俸を提示する準備があるとのこと。

レオン・ゴレツカに関しては、プレミアリーグのトップチーム達が、こぞって注目していると言われていますが、一部メディアでは、リバプールとアーセナルがリードしているとの見解が示されています。

ユルゲン・クロップ監督としても、かなり以前からレオン・ゴレツカには目を付けていたようです。

1995年2月6日生まれの22歳という若手ミッドフィールダーの獲得に、リバプールは成功するのか。
長身でありつつ、高いテクニックを誇るレオン・ゴレツカは、中盤であれば、どんなポジションもこなせる順応性のあるタレントだとも言われています。

一方、リバプールにまつわる噂としては、PSGに所属するユリアン・ドラクスラー獲得を狙っているとの報道も根強くあります。
こちらも、アーセナルとのバトル!となる様相を呈しているとされております。

ユルゲン・クロップ監督が、リバプールの監督へ就任して以来、1月には大きな補強を行ってこなかったリバプール。
今シーズンは、チャンピオンズリーグもあるということで、何らかの動きはするだろうと見たほうが妥当かもしれません。

ただ、見方を変えると、リバプールの中盤や攻撃的プレイヤーには、若手の逸材も多く、出場機会を与えていくという部分においては、よくよく思案する必要もありそうです。
当面は、FAカップを有効に使うことでしょうか。

いろいろ噂が踊っていますが、私としては、冬におけるリバプールの補強は、まずはディフェンスから。
そう考えています。

センターバックも、長期離脱には至らないまでも、結構負傷者が出ているし、チームに安定感を加えるためにも、ディフェンスラインの整備が求められているように思うところです。

今回は、レオン・ゴレツカに関することを書きましたが、来年の夏でフリートランスファーとなる状況というのは、同じくドイツ代表のエムレ・チャンにも言えますね。
リバプールとしては、エムレ・チャンとの交渉を、今後どう進めていくのか?
どこかの時点で、判断をくだし、今後のプランを具体的に描く時期が迫っているとも言えそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]