リオネル・メッシがレオン・ゴレツカ獲得をバルセロナに進言か メディアより

Leon Goretzka


来る1月に、バルセロナがどんな動きをするのか。
多くのクラブが、その影響を受けているように思える昨今。
さて、スペインのDiario Golが報じていることとして、Expressが取り上げているのは、リオネル・メッシが、シャルケ所属のミッドフィールダー、レオン・ゴレツカ(ドイツ)獲得をクラブに進言したとのこと。

バルセロナの補強候補といえば、あくまで噂ですが、リバプールのフィリペ・コウチーニョ、アーセナルのメスト・エジル等の名前が報じられてきました。
しかし、コウチーニョとエジルを獲ることは厳しく、レオン・ゴレツカをターゲットにするべきだと、メッシが進言したというのが、報道の骨子です。

アーセナルのベンゲル監督についても、1月でのエジル放出はないと発言したとの報道が出て来ております。

それにしても、レオン・ゴレツカといえば、かなり以前からリバプールが注目しているプレイヤーだとされており、つい先ほど、それに関連する記事を書いたばかりでした。

バルセロナにおけるメッシの立ち位置を暗示しているかのようです。

リバプールの場合には、エムレ・チャンとの契約延長問題も残っており、レオン・ゴレツカは、万が一エムレ・チャンが去った場合の対策としても、取り上げられてきた存在です。

リバプールの1月が、どんなものになるか。
補強も勿論ですが、放出面からも、目が離せない季節となりそうです。

バルセロナの動きもあるし、PSGにおいては、ファイナンシャル・フェアプレーのルール遵守という問題を抱えているようです。
来る1月、ヨーロッパに、大きな動きが起こるのか。

ワールドカップイヤーということもあり、今度の1月は、例年よりも移籍が活発化する可能性もありそうです。

リバプールとしては、実のある補強を施したいところですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]