マンチェスター・シティも1月にビルヒル・ファン・ダイクを狙いにいくのか

Virgil van Dijk


冬の移籍マーケットが開くまで、あと半月となりましたね。
巷では、様々な噂が飛び交っていますが、Goal.comの情報によればですが、マンチェスター・シティが、1月にビルヒル・ファン・ダイク獲得を狙っているとか。

ファン・ダイクといえば、リバプール行きを希望していると、夏の間にも多々話題になったところですが、ボタンの掛け違いなどもあり、その話は成就することがありませんでした。

リバプールとしては、1月にも狙いにいくだろう!とは、個人的な推測ですが、マンチェスター・シティが割って入ってくるとは・・・。
シティファン以外の人々であれば、これ以上強くなってどうするのだ!というところでしょうか。

たしかに、あえてシティの不安要素を見つけるとすれば、センターバックでしょうか。

ところで、私としては、リバプールがファン・ダイクを1月に狙っているという報道が、この時期にはあまり出ないほうがよいと思っています。

本命であれば、打ち上げ花火は不要。
途中で潰される恐れも考えられますし。

リバプールは、夏の移籍マーケット時において、ファン・ダイクとの接触関連で、サウサンプトンから批判を受ける経験をしています。
よって、今度こそは、慎重な中にも慎重に進める必要があると思うのです。

シティへ行けば、プレミアリーグのチャンピオンになれるかもしれない。
しかし、ファン・ダイクは、その他大勢という見方をされることでしょう。

一方、リバプールへ来て近い将来に優勝をすれば、英雄になれる。
レジェンドの道が待っています。

前述もしましたが、ぜひリバプールには、今度こそ慎重且つ繊細に進めてほしいですね。

ファン・ダイクの心はアンフィールドにある。
そう信じたい私のエゴでもありました。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]