アンドリュー・ロバートソン 「ジェイムズ・ミルナーが助けになってくれている」


今年の夏、ハル・シティからリバプールへとやって来た左サイドバック、アンドリュー・ロバートソン(スコットランド)ですが、今シーズンは、アルベルト・モレノがレギュラーの座を射止めており、出場機会に恵まれない日々が続いてきました。
しかし、アルベルト・モレノが負傷離脱して以来、しっかりとチームに貢献してくれていると感じます。

アンドリュー・ロバートソンにとって、リバプールは初めてのビッグクラブであり、このように出場機会で苦しむ経験はなかったようです。
そのロボにとって、ジェイムズ・ミルナーの存在が、ずっと助けになってきたと、ロボ自身が語っています。

ジェイムズ・ミルナーといえば、たとえばマンチェスター・シティに代表されるように、厳しいポジション争いを多々経験してきており、ロボにとって、学ぶべき点が多いと。

ロボの言葉については、エコーが報じており、この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Andy Robertson)

彼(ミルナー)は、ぼくにずっと良くしてくれているよ。

彼は、プロとしてのお手本だし、誰もが、彼の本にはさまれた栞の部分を見て、学んでいるんだ。
本当に、彼には助けられたよ。

そのキャリアを通じて、彼はビッグクラブでプレイをしてきたね。
ぼくにとって、ビッグクラブでプレイをするのは、初めての経験だ。
彼は、とても多くの経験を積んできている。

彼は、ぼくに言ってくれたよ。
「自分自身を見失わず、辛抱強くハードワークしろ」とね。

ぼくは、長くここにいるうちの、3ヶ月か4ヶ月しか、まだ経っていないんだ。
より完成したプレイヤーになるために、時間はあるしね。

彼は、ぼくが基準を高く保つこと、辛いときでも、前を向いていくべきことを教えてくれたんだ。

他の仲間達も、よくしてくれるよ。
キャプテン、ヘンダーソンも、ぼくに話しかけてくれるし、素晴らしい助けになってくれるんだ。

ロボが、よく言われるのは、クロスの精度が高いことですね。
とりわけ、アーリークロスは味わい深いと思います。

もう一点、付け足すとすれば、左サイドでのフリーランニングでの貢献度が高いことでしょうか。
攻撃陣へのマークを自分側に引きつける動きが、とても気が利いていると思います。

ボールコントロールも柔らかいし、一皮むければ、素晴らしい左サイドバックになることでしょう。

アルベルト・モレノが戦列に戻ってくるまでには、もう少し時間がかかりそうです。
その間に、出来るだけのアピールをし、自身が蓄えてきた力を証明する。
それが、今のロボに課せられた使命のようにも思えます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]