NO.4は大好きな番号(ビルヒル・ファン・ダイク)

Virgil van Dijk


本日、1月1日付けで、正式にリバプールのメンバーとなったビルヒル・ファン・ダイク。
レッズで身に纏うナンバーは4番となりましたが、これはファン・ダイク本人の希望が叶ったもののようです。
「4番が大好きだ!」と、ファン・ダイクが歓んでいる模様。

4番にまつわるファン・ダイクの言葉は、エコーでも取り上げられており、次のようなことを語っています。

(Virgil van Dijk)

オランダのフローニンゲンでプレイをしていたときは、4番をつけていたんだよ。
だから、ぼくはとにかく4番が大好きなんだ。

あいにく、サウサンプトンのときには、ぼくの良き友人であるヨルディ・クラーシがつけていたからね。
彼から奪おうとは思わなかったんだ。

ぼくは、とにかく4番が大好きなんだよ!

また、ファン・ダイクは、サミ・ヒーピアが、リバプールで4番をつけていたことにも触れ、「特別な思いがあるよ」とも語っていたそうです。

サミ・ヒーピアも、リバプールファンにこよなく愛されたディフェンダーでしたね。

これから長く、リバプールの4番を纏って、幾多の栄光を勝ち取ってほしいと思います。

本人お気に入りの番号をもらえたとのことで、気持ちよくプレイも出来ることでしょう。
これからの活躍に期待したいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]