マージーサイド・ダービーへ向けて(FAカップ3回戦)


伝統のマージーサイド・ダービーが、2018年の年明け早々に開催されます。
今回の対戦は、FAカップ3回戦であり、会場はアンフィールド!
昨年12月10日(日)に、プレミアリーグ第16節で対戦した際には、リバプールが試合を支配しながらも、一本のPKに泣き、1-1のドローで終わっています。

まず、今回のマージーサイド・ダービーの試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『リバプール対エバートン(マージーサイド・ダービー)の試合日程や放送予定など(FAカップ3回戦)』

FAカップといえば、上位に進出すれば話は違うものの、早い段階のステージでは、メンバーも入れ替え、若手を起用することが多いかと思います。
ただ、相手がエバートンだけに、どんなメンバーをスタメンで揃えてくるかが注目されますね。

私なりに注目している部分は、何点かありますが、まずはゴールキーパーをどうするか?ですね。
基本的には、シモン・ミニョレをプレミアリーグ、ロリス・カリウスをチャンピオンズリーグで起用してきたリバプールですが、国内カップ戦では、ダニー・ウォードに任せるのか。
もし、ダニー・ウォードにチャンスが巡ってくるならば、良いパフォーマンスを見せて、存在感をアピールしてほしいところです。

次に、ストライカーですが、個人的には、ダニー・イングスのスタメンもあると予想をしています。
これは、ユルゲン・クロップ監督の考え方次第ですね。

出来れば、せっかくの機会だし、ベン・ウッドバーンやハリー・ウィルソンも見てみたいのですが、マージーサイド・ダービーだけに、そこをどう捉えるかによって、メンバ-のチョイスに影響してくることでしょう。

プレミアリーグの日程を見ますと、第23節のマンチェスター・シティ戦は、1月14日(日)開催であり、マージーサイド・ダービーから、中8日間を取ることができます。
ようやくやってくるインターバルですね。

そういった意味では、起用できる状態にある主力は投入するという見方も出来そうです。

リバプールは、現在公式戦無敗記録を更新中でもあり、相手がエバートンということで、当然勝ちを狙いにいくことでしょう。
熱い試合になることも予想されますが、マンチェスター・シティ戦を控えているだけに、絶対に負傷者は出したくないというのが本音です。

いい形でプレイをして、結果もつかみたい。
せっかくのマージーサイド・ダービーだし、サム・アラダイスも堂々と向かって来てほしいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]