ライアン・ケントがメルウッドへ帰還か シーズン途中でのローンバックの可能性が高まる


より多くの出場機会を得るため、ブンデスリーガのフライブルクへシーズン・ローンで行っているライアン・ケント(イングランド)ですが、このローンを切り上げ、リバプールへ帰って来る可能性が高まっているようです。
この件は、以前にもお伝えしたことがありますが、ライアン・ケントは、なかなか出場機会に恵まれておらず、リバプールとしては、ローン・バックを検討することになるとされていました。

フライブルクでのライアン・ケントですが、ブンデスリーガでは6試合の出場にとどまっており、内先発は1試合しかないという状況です。

リバプールとすれば、経験を積ませるためにローンで出しても、起用されないのであれば、ドイツがウィンターブレイクに入る時期に、ライアン・ケントを呼び戻そうという考えがあったとされています。

エコーによれば、どうも今朝(現地時間)には、この件が決まったかのような話題が取り上げられていました。

ライアン・ケントといえば、プレシーズンマッチでのアグレッシブなプレイが印象に残っています。
かなり、鋭いえぐりも出来るタイプですね。

ただ、ドイツでは、柔軟性の不足を指摘されている節もあるとか・・・。

1月の移籍市場では、リバプールの若手達の数人がローンで出るという噂もあります。
リバプールの若手達には、才能があるタレントが多いと思うのですが、いかんせん、今のトップチームは、かなりメンバーが充実してきていますからね。

ライアン・ケントの件については、もしリバプールから公式にアナウンスがあるようならば、その際に改めて取り上げてみたいと思います。

もし帰ってくるならば、歓迎をしたいところです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]