エムレ・チャンが1月にリバプールを離れることはない?

Emre Can


いまや、連日のように各メディアが取り上げているのは、コウチーニョに関する記事ですが、もう一人、エムレ・チャンの動向も気になるところです。
以前から、ユベントスがエムレ・チャン獲得を希望しているという報道はありましたが、ジョーダン・ヘンダーソンが負傷離脱している時期にエムレ・チャンを抜かれると、リバプールにとっては、やり繰りが難しくなるのは事実だと思います。

ご存知の皆様が多いように、エムレ・チャンとリバプールとの契約は今年の夏で満了となり、いまだ契約延長の合意には至っておりません。
であるが故に、いろいろな憶測が飛んでいるわけですが、Sky Sportsは、エムレ・チャンが1月にリバプールを離れることはないとの見解を示しています。

同誌によれば、今もなお、契約延長へ向けての話し合いは続いているとのこと。

ここまで来ると、リバプールとしては、粘り強くいくしかありませんね。

ユルゲン・クロップ監督としては、エムレ・チャンは必要なプレイヤーであると、一貫して発言をしてきており、放出の意思はないようです。

エムレ・チャン自身はといえば、自分はプレイに集中するのみで、その他のことは、すべて代理人に任せているというスタンスを崩していません。

このままの状態でいけば、夏にはフリーとなり、たとえばユベントスから良い条件でのオファーがあれば、ある意味自由に、それを選択することができます。

一部では、ユベントスが1月にも動くとの報道もなされていますが、決して高額な移籍金が入るものではないようです。
リバプールとしては、基本的にエムレ・チャンとの契約延長合意を目指し、今後も努力を続ける。
その一方で、交渉過程の中で、困難だと見られるならば、夏へ向けての準備も進める。

そんな方向かと思います。

いずれにしても、1月での放出は避けたいところです。
代わりのプレイヤーを補強するという手もありますが、どんなに素晴らしいタレントでも、新しいチームにフィットするには、それなりの時間も必要となることでしょう。

何とか夏までに、一定の方向性を見出したいですね。

あとは、エムレ・チャンの気持ち次第。
もしかしたら、突然契約延長合意のニュースが飛び込んでくるかもしれないし、ここは静かに見守ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]