トーマス・レマー獲得レースをリバプールがリードしているとの報道も

Thomas Lemar


移籍マーケットの目玉の一人となっている感のあるモナコ所属のトーマス・レマー(フランス)ですが、プレミアリーグのビッグクラブ達が、こぞって狙っているとされています。
よく報道に出てくるのは、リバプールとアーセナル、それにマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーといった名前です。
今日あたりも、数多くのメディアが、トーマス・レマーについて報じていますが、Mirrorによれば、リバプールがポール・ポジションに立っているとのこと。

同誌は、リバプールがモナコとの交渉を再開していると報じています。

昨年の夏にも、リバプールはトーマス・レマー獲得に動いたとされていますが、今回は£90mを巡る取引になると見られているようです。

いろいろなメディアが記事にしていますが、基本的にはフィリペ・コウチーニョの代替として・・・という論調が大多数だと思われます。

ヨーロッパでも最もエキサイティングな若手プレイヤーの一人と評されるトーマス・レマー。
本人は、マージーサイドへ行くことに、気持ちを固めたとも報じられていますが、こればかりは正式に決まるまでは、分かりませんね。

いろいろな話題を探してくる人がいるもので、トーマス・レマーはビートルズファンだとかいう説もあるようです・・・。
ビートルズといえば、リバプール!ですが。

あくまでMirrorが報じているところによればですが、トーマス・レマー自身は、リバプール行きで決めているとされています。

もし、この移籍が実現するとなると、リバプールのクラブ史上最高額での獲得になりますが、まだまだ今後どうなるか?は、まったく分かりません。

ただ、トーマス・レマーの周辺が、俄に騒がしくなってきていることは事実。
モナコは、シーズン終了後の夏であれば、放出も検討するとされてきましたが、1月に放出することを容認するか?が、課題ですね。

まだ、22歳の若手スターだけに、もしリバプールへ来ることがあるならば、長く活躍してほしいものです。

いずれにしても、この件は、コウチーニョの動向とリンクして見られているようなので、リバプールファンの間でも賛否が分かれそうですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]