ビルヒル・ファン・ダイクがエバートン戦のマン・オブ・ザ・マッチに! おめでとう!


リバプールでの素晴らしいデビューを飾ったビルヒル・ファン・ダイク。
2-1で勝利したマージーサイド・ダービーにおいて、ファン・ダイクがマン・オブ・ザ・マッチに選出されました。
おめでとう!

リバプールでのデビュー
マージーサイド・ダービー
決勝ゴール
マン・オブ・ザ・マッチ

本当に、最高のスタートを切りましたね。

今回の活躍により、今後はより自信を深めて試合へと臨めることでしょう。

ファン・ダイクですが、マン・オブ・ザ・マッチの投票において、実に67パーセントの支持を得ています。
ダントツですね。

また、注目したいのは、次点に入ったのがアンドリュー・ロバートソンだったということ。
ロボは、25パーセントの支持を得ており、マージーサイド・ダービーでのパフォーマンスが、高く評価されたことを示しています。

FAカップは、しっかりと勝つのとドローでは雲泥の差。
そういった意味で、ここぞ!というときに、ヘッドで決めてくれたファン・ダイクに感謝したいと思います。

また、元日に行われたバーンリー戦に続き、アレックス・オックスレイド=チェンバレンが、良いキックを蹴りましたね。
(コーナーキックにより、ファン・ダイクのゴールをお膳立て)

いつだって、マージーサイド・ダービーで勝利するのは格別なもの。

改めて、今日の立役者になったファン・ダイクへ言いたいと思います。
ようこそリバプールへ!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]