リバプールがナビ・ケイタの1月獲得を試みるとの報道も

Naby Keita


今年の夏には、リバプールのプレイヤーになることが決まっているRBライプツィヒ所属のナビ・ケイタ(ギニア)ですが、移籍時期を前倒しして、リバプールへ来ることはあるのか?という話題が囁かれていた時期がありました。
RBライプツィヒは、その件は明確に否定をしており、リバプールもRBライプツィヒの考えを尊重するとされてきました。
しかし、コウチーニョの移籍が決まったことで、新たな展開が起こる可能性が報じられています。

報じているのはTelegraphで、リバプールにはコウチーニョの移籍金が入るため、1月にナビ・ケイタを連れてくるために、RBライプツィヒへ更なる移籍金の上積みをして支払いをすることが出来る状況にあるとのこと。

ユルゲン・クロップ監督としては、RBライプツィヒの立場を尊重する考えだとされていますが、リバプールとRBライプツィヒの間で、再び交渉が始まることはあるのでしょうか。

コウチーニョを放出したことで、1月での補強は必須とも言われるリバプール。
もし、半年の前倒しでナビ・ケイタを連れて来られれば、大きな後押しにはなりそうです。

こればかりは、メディアの見解ですので、実際にどうなのか?は、今後の動向を見守るしかありませんね。

リバプールは、ナビ・ケイタを約£57mで獲得したと見られているようですが、もしRBライプツィヒが、1月での放出を受け入れれば、さらに移籍金を上乗せする。
報道の趣旨としては、このようなものだと思います。

ナビ・ケイタ自身は、早くリバプールへ行きたい!という希望を持っているとされていますが、RBライプツィヒ側は、再三にわたり、1月での放出を否定してきています。

もし、この報道に多少の信憑性があるならば、リバプールが、どれくらいの金額を提示するか?も、重要な要素になってきそうです。

コウチーニョの放出によって得た資金を賢く使え!とは、ジェイミー・キャラガーなど歴代レジェンド達が発言していることでもあります。
リバプールにとって、非常に重要な1月になるのは、間違いないことかと思います。

1月の移籍マーケットは、まだ日数が残っているし、今後の展開が注目されます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]