シャビ・アロンソの夢はリバプールの監督になること

Xabi Alonso


華麗にして偉大なるミッドフィールダー。
リバプールのクラブ史を振り返っても、シャビ・アロンソは傑出した一人だと思います。
多くの人々に惜しまれながらも、現役引退を決意したシャビ・アロンソですが、将来の夢を語っています。

シャビ・アロンソは、引退後に「指導者の道を歩みたい」と、その希望を明かしていましたが、一番の夢はリバプールの監督になることだそうです。
ただ、シャビ・アロンソとしては、まずはスティーブン・ジェラードがリバプールを指揮することに期待していると。

シャビ・アロンソの言葉については、Sky Sportsでも取り上げられており、ここでは、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Xabi Alonso)

「リバプールで指揮することを夢見たことがある?」

もちろんだよ。
私は、それを夢見ている。
だが、まずは自分を証明して、準備をしないとね。

もし、監督として、自分でどこへ行くかを決められるならば、私の情熱はリバプールにある。

スティービーの方が先になると、私は確信しているよ。
それが自然だよ。

私の推測というより、スティービーは既に(リバプールに)いるからね。

シャビ・アロンソにとって、リバプールは本当に特別なクラブであることを、改めて実感させられます。

現役を退いた後も、その思いに変わりはない。
クレバーな人だし、きっと良い監督になることでしょう。

私が個人的に思うには、放出面で、リバプール最大の失敗は、シャビ・アロンソを出したことだと・・・。
いま、思い出しても残念です。

しかし、こうしてずっとリバプールのことを考えてくれる。
スティーブン・ジェラードとシャビ・アロンソ。

リバプールの未来を支えるコンビと言ってもよさそうですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]