ビルヒル・ファン・ダイク 「リバプールのためにプレイが出来て幸せ!」

Virgil van Dijk


劇的という言葉がありますが、ビルヒル・ファン・ダイクのデビューは、まさにそのものでした。
アンフィールドでのマージーサイド・ダービーにおいて、センターバックにして決勝ゴールまで決めてみせるとは。
ファン・ダイクにとってもファンにとっても最高のスタートになりましたね。

昨年の夏、ファン・ダイクはリバプール行きを希望しているという情報が多数報じられていました。
ユルゲン・クロップ監督のもとでプレイがしたいと。

しかし、その願いは叶わず。
それでも、ファン・ダイクの気持ちが変わることはなかった。
それが嬉しいですね。

ファン・ダイクは、リバプールのためにプレイ出来る歓びを感じているようで、このクラブのあらゆるものが素晴らしい!との言葉を発しています。

これは、ファン・ダイクがSky Sportsのインタビューにこたえたもので、今回は私なりに、その一部をまとめてみたいと思います。

(Virgil van Dijk)

このクラブの大きさ。
ファン、プレイヤー、監督、あらゆるパッケージがアメイジングだね!

すべてのホーム・ゲームの雰囲気が特に素晴らしいし、はるばるやって来てくれるファン達の素晴らしさ。

このクラブのためにプレイが出来て、私はただただ本当にハッピーだよ!

ナーバスになることはないよ。
多くの資金をリバプールが歓んで支払ってくれたことは、私へ寄せられた賛辞かもしれないね。
何があったって、私は変わることなど出来ないんだ。

これから何が起ころうと、自分は変わらない。
受け止めようによっては、リバプールのために、ずっと尽くしていく!という宣言のようにも聞こえます。

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ファン・ダイクを狙っていたと、自ら認めました。
おそらく、マンチェスター・シティも同様だったことでしょう。

しかし、ファン・ダイクが選んだのはリバプール!

それがすべてですね。

ファン・ダイク!
そしてリバプールの4番!
これから、どんどん人気が高まるのではないでしょうか。

長く一緒に歩んで行きたいプレイヤーです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]