ライアン・ブリュースターがU23の試合中に負傷

Rhian Brewster


リバプール期待の若手、ライアン・ブリュースターですが、ちょっと心配な状況になっています。
現地時間金曜日の夜に行われたU23のマンチェスター・シティ戦において怪我を負い、ストレッチャーで運ばれる事態が起こってしまいました。

LFCによれば、ライアン・ブリュースターは病院へ行き検査を受けた上で、怪我の状況が評価されるとのこと。
まだ、怪我の詳しい状況は分かりませんが、痛めたのは足首周辺のようです。

ライアン・ブリュースターが怪我を負ったのは、U23、プレミアリーグ2における対マンチェスター・シティ戦で、ファーストハーフ終了前に、ヘッドで競り合った後、不自然な着地をし、その際に足首を痛めたものと思われます。

将来を嘱望されるタレントだけに、今後のキャリアに影響するものでないことを祈るばかりです。

思ったほどには重くない可能性もあるものの、最悪の事態も想定する必要がある。
試合中における感触では、よくないようにも見えたとのこと。
そんな状況だともされています。

日本時間では、土曜日の早朝に行われた試合ですが、ライアン・ブリュースターは、そのまま病院へ行ったものと思われます。
診断結果が出るまでは、どの程度の怪我であるかの発表は控えるでしょうが、いずれにしても心配な状況です。

シリアスなものではないことを祈るばかりですね。

ライアン・ブリュースターの怪我、その程度については、病院での診断結果が出て、公式に発表がありましたら、改めて取り上げてみたいと思います。

リバプールのスター候補だけに、大事に至らないことを願っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]