RBライプツィヒがナビ・ケイタの1月放出を否定する声明を公表


今年の夏には、リバプールのプレイヤーになることが決まっているナビ・ケイタ(ギニア)ですが、昨今の注目事項は、その移籍時期を前倒しして、1月の時点でリバプールへ来るのではないか?ということでした。
しかし、ブンデスリーガでのシャルケ戦を終えたRBライプツィヒは、それを憶測だとし、改めてナビ・ケイタの1月放出を否定しています。

RBライプツィヒとしては、2018年6月30日までは、ナビ・ケイタはクラブに残り続けるとし、憶測がやむことを望むという内容の声明を出すに至っています。

これは、クラブとしての方針、意思を公にしたものであり、おそらくはナビ・ケイタが1月にリバプールへ来ることはない・・・。
それを意味しているように推察します。

リバプールとしては、ナビ・ケイタを1月に欲しいと、交渉に当たったことが、実際あるのだと、私は思います。
ただ、ブンデスリーガでも上位争いをしている中、どうしても手放せないという判断があったとしても、それは不思議ではありません。

本来、ナビ・ケイタは、本年夏にリバプールへ来る予定だったし、ここは代案を考え、実行に移すしかないと思うところ。

というよりも、リバプールは代案については、既に動いていることでしょう。

また、本日メディア上に出て来ている情報では、やはりリバプールの補強ターゲットの一人だとされるシャルケ所属のレオン・ゴレツカ(ドイツ)が、バイエルンのメディカル・チェックを待つ状況になっているともされています。

こうなると、モナコのトーマス・レマー(フランス)の存在が、改めてピックアップされそうですね。

コウチーニョを放出した資金をいかに有効に使うか。
リバプールのフロント力が試される時期となりそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]