マルコ・グルイッチはカーディフ・シティへのローン移籍でほぼ決まりか

Marko Grujic


1月の移籍マーケットでは、補強は勿論、放出、あるいはローンの動向も気になるところです。
特に若手に関しては、実戦での経験を積むために、ローンで出る動きが今後出てくるものと予想されます。
そんな時期にあたり、どうもマルコ・グルイッチのローン移籍が、ほぼ決まっているようです。

リバプールからは、まだ公式発表はありませんが、ニュースの出方を見ていると、既に決まっていると捉えてよさそうです。

Sky Sports Newsなども、マルコ・グルイッチが残りシーズンは、カーディフへ行くことになったと報じています。

カーディフは、ウェールズに本拠地を持つクラブですが、イングランドのリーグに参加をしています。
スウォンジーと同じような形態だと思っていただければと思います。

以前は、リバプールのOBであるベラミーが所属していたことでもお馴染みですね。

マルコ・グルイッチは、大型のミッドフィールダーとして、大きな期待を背負ってリバプールへやってきました。
ただ、トップチームでの出場機会に恵まれていないことは事実。

イングランドのフットボール・スタイルに馴染むためにも、今回のローンが実のあるものになることを祈っています。

まだ、リバプールから公式発表が出ていませんので、今回はこれくらいで。

正式に決まった際には、マルコ・グルイッチへの激励のメッセージを書きたいと思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]