インテルがダニエル・スタリッジ獲得を希望か

Daniel Sturridge


怪我の影響もありますが、ダニエル・スタリッジの出場機会は、ごく限られた試合数となっているのが現状です。
ロシア・ワールドカップ本大会でのイングランド代表入りを目指すダニエル・スタリッジとしては、もっと出場機会のあるチームへ行くことを望んでいるとのされていますが・・・。
そんな中、BBCなどが報じるところによれば、インテルがダニエル・スタリッジを欲しがっているとのこと。

同誌によれば、ユルゲン・クロップ監督としては、ダニエル・スタリッジのリバプール残留を望んでいるものの、£30mが提示されれば、リバプールは放出に踏み切るだろうと。

ただ、インテルの希望としては、ローンで欲しいということのようです。
この部分において、両クラブの思惑にずれがあると言えそうですね。

仮に、インテルがどうしてもダニエル・スタリッジを獲得したいならば、この溝を埋められるか?が、今後の課題となりそうです。

ダニエル・スタリッジを欲しがっているクラブは、他にもあるとされ、1月中に話をまとめることが出来るか?が、注目されます。

リバプールの場合は、ロベルト・フィルミーノがしっかりと地位を築いており、ドミニク・ソランケも出場機会をもらえるようになってきました。

ダニエル・スタリッジの年齢も考えた場合、ワールドカップとしては、彼にとって最後のチャンスになる可能性が高いでしょう。
リバプールが、どんな決断をするかですね。

まだ、どうなるか?は、分かりませんが、仮にリバプールが要求するとおり£30mの資金が入って来た場合、アタッカーの補強を!という声も周囲からあがってくることが予想されます。

リバプールの1月。
まだまだ、予断を許さない日々が続きそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]