アダム・ララーナとアレックス・オックスレイド=チェンバレンの有効活用でリバプールはスパートを!


リバプールの前線は、いまや素晴らしいタレントが揃い、プレミアリーグ、いやヨーロッパ屈指の攻撃力を持つに至っていると思います。
モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの3人は、対峙する相手にとっては悪夢でありましょう。
このスペシャルな3人を擁するリバプールは、2列目あるいは1.5列目がより充実すれば、どれだけ強力なチームとなることか。

プレミアリーグは、長いシーズンにおいて息を抜く暇もない熾烈な戦いが続くだけに、いかに選手層を充実させ、良い状態をキープするかが重要ですね。

シーズンの折り返しを過ぎ、これからリバプールがスパートを仕掛けるために、私としてはポジティブな要素が芽生えて来ていると考えています。

まずは、アダム・ララーナの復活。
今後、出場時間が増えるに従い、トップ・コンディションに至ることでしょう。

いろいろなことが出来るタレントだけに、心強いものがあります。

また、もう一人名前をあげたいのは、アレックス・オックスレイド=チェンバレンです。
年末・年始の過密日程において、良い成績をおさめたのは、アレックス・オックスレイド=チェンバレンの貢献が大きかったかと。

マンチェスター・シティ戦で決めた先制ゴールなどは、リバプールのプレイヤーとして自信を持ってプレイしている姿を見た思いがいたします。

ゴールにも絡めるアダム・ララーナとアレックス・オックスレイド=チェンバレン。
この二人を上手く活用していくことで、リバプールはより攻撃のバリエーションを増やすことが出来るのではないか。
私は、そう考えています。

ある意味、心強い新戦力を得たにも似た。
リバプールが、これからスパートをかけるにあたり、必要不可欠な存在となりそうです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]