レオン・ゴレツカ(シャルケ)は今夏からバイエルン・ミュンヘンへ

Leon Goretzka


リバプールの有力な補強ターゲットの一人とされてきたシャルケ所属のミッドフィールダー、レオン・ゴレツカですが、今夏からのバイエルン・ミュンヘン行きが決まったようです。
シャルケが、そのことを認めており、リバプールにも何らかの影響はあるものと思われます。

シャルケは、レオン・ゴレツカをクラブに留めるため、全力を尽くしてきたが、2018年7月1日からバイエルン・ミュンヘンのプレイヤーになることが確認されたという趣旨の発表をしています。

素晴らしいプレイヤーを失うことになり残念だとも。

リバプールとしては、別のターゲットを当たることになるとは思いますが、当然ながら既に想定はしていたことでしょう。

また、レオン・ゴレツカの去就は、エムレ・チャンの今後にも影響を与えるとされてきたことから、リバプールとエムレ・チャンの契約延長という意味では、合意に達しやすい環境になったと言える面もありそうです。

どうも、レオン・ゴレツカは、既にメディカル・チェックもパスしたようで、カール・ハインツ・ルムメニゲ氏からシャルケに連絡があったとのこと。

リバプールの補強候補。
徐々に、そのターゲットが絞られてきたとも言えそうです。

補強とは別に、リバプールがすべきことといえば、今回の決定を受けて、エムレ・チャン側を説得することでしょうか。

まだまだ、動きがあるであろう、この1月。
リバプールが、誰を連れてくるのか?

ここへ来て、ハメス・ロドリゲスの名前なども浮上していますが、移籍マーケットが開いているのも、残り2週間を切りましたね。
どんなドラマが待っているのかを見ていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]