アレクシス・サンチェスはマンチェスター・ユナイテッドへ ヘンリク・ムヒタルヤンはアーセナルへ


以前から、多々報じられておりましたので、特に意外ではありませんが、アレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド入りが発表となりました。
一方、アーセナルへはヘンリク・ムヒタルヤンが行くことに。
取り替えっこという形になりましたね。

Sky Sportsの情報によれば、サンチェスは4年半の契約、ムヒタリヤンは3年半だとされています。

この移籍により、いずれかのチームが、飛躍的に強くなるか?
私としては、少しは影響はあるものの、あまり気にする必要もないかなと思っています。

いずれのプレイヤーも新天地での連携、プレイスタイルに馴染むまでには、多少の時間も必要となることでしょう。

聞くところによれば、マンチェスター・ユナイテッドは、サンチェスに対して、非常に高額なサラリーを支払うとのこと。
これが、チーム内の不和を醸し出すことにはならないか?

ムヒタリヤンの場合には、ジョゼ・モウリーニョ監督のプラン外になっていた印象もあるし、むしろ移籍してよかったかもしれませんね。

サンチェスは、高給取りとなり、さらに7番をつけるようですので、ユナイテッドファンは、それ相応のプレイを要求することでしょう。

リバプールは、とにかく自分達のプレイを進化させ、熟成していくことに努めたいですね。
1月の移籍マーケットも終盤へと入ってきました。

今後の動きに注目したいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]