リバプールの偉大なる指揮官 ボブ・ペイズリー生誕の日


リバプールに黄金時代をもたらした偉大なる指揮官、ボブ・ペイズリー。
今日、1月23日は誕生日にあたります。
ハッピー・バースデー!ボブ!

ボブ・ペイズリーは、1919年生まれですので、ご存命であれば99歳ということになります。

リバプールの伝説ともいえるビル・シャンクリーから監督の座を受け継いだボブ・ペイズリーは、数々の栄光をクラブにもたらします。

ボブ・ペイズリーが、リバプールの監督として指揮を執っていたのは、1974-1983の9年間。
その間、実に驚くべきタイトル獲得を果たしています。

リーグ制覇 6回
リーグカップ制覇 3回
コミュニティシールド制覇 5回
ヨーロピアンカップ(現チャンピオンズリーグ)制覇 3回
UEFAカップ制覇 1回
UEFAスーパーカップ制覇 1回

ビル・シャンクリーが、名門リバプールの生みの親だとすれば、ボブ・ペイズリーは黄金時代を花開かせた恩人だと思います。

私は、幸いにも幼い頃、ボブ・ペイズリーが率いるリバプールをスタンドで観戦した経験があります。
今、思い出しても、本当に光栄なことでした。

今日、この記念すべき日にあたり、改めてボブ・ペイズリーの偉業を讃えたいと思います。
強いリバプール、常勝リバプールをいつの日かもう一度花開かせたいですね。

ボブ・ペイズリーも天国から見守っていてくれることでしょう。

ハッピー・バースデー!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]