リバプールはルアン(グレミオ)獲得を狙っているのか

Luan


1月の移籍マーケットが開いているのも、あと一週間ほどとなりました。
デッドラインデーへ向けて、いろいろな情報が飛び交っていますが、今日あたりは、多くのメディアが、グレミオ所属のアタッカー、ルアン(ブラジル)の名前を取り上げてきています。

リバプールがルアンを欲しがっているという報道は、昨年初夏の頃からあったわけですが、ここへ来て再びクローズアップされている形です。
Yahoo Sportsが情報の発信源のようですが、Sky Sportsをはじめとした多くのメディアが、彼の名前をあげています。

ただ、エコーはこの見解に否定的で、リバプールはルアンに関して話し合いを行っていないとしています。

ルアンは、1993年3月27日生まれの24歳で、身長は170cmにも至っていないとされる小柄なプレイヤーですが、それをスピードやポジション取りの巧みさでカバーできるだけのスキルを持っていると言われています。

リオ・オリンピックのブラジル代表として活躍したことで、お馴染みかもしれません。

リバプールの場合には、ダニエル・スタリッジの去就が注目されており、もしダニエル・スタリッジを放出した場合、もう一人はピースが必要だと考えているか?
チャンピオンズリーグも勝ち上がっていくためには、誰かが必要な気もしますが、どうなりますか。

ルアンに関しては、前述したとおり、メディア同士でも見解が分かれており、今後どうなるかを見極める必要がありそうです。

リバプールとしては、まずダニエル・スタリッジをどうするのか?
このスタンスを決める必要があるかと思います。

おそらく、クラブとしての方針は決まっているのでしょうが、それに見合うオファーがあるかですね。

ユルゲン・クロップ監督は、ダニエル・スタリッジには残ってほしいと再三発言をしていますが、本人の気持ちが、もっと出場機会をというものだとされています。

ルアンは、そのユルゲン・クロップ監督が、非常に気に入っているタレントだとも言われています。
残り数日における移籍マーケットで、何が起こるのか。
注視していきたいと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]