ライアン・ブリュースターは残りシーズンを欠場へ

Rhian Brewster


過日開催されたU23のマンチェスター・シティ戦で怪我を負ったライアン・ブリュースターですが、やはり簡単な怪我ではなかったようです。
エコーも報じていますが、今シーズン中の復帰はないとのこと。
まだ若いタレントだし、この際しっかり治して、後々影響が出ないように、万全を尽くしてほしいですね。

ブリュースターの怪我は、足首であり、ロンドンへ行き、スペシャリストの診断を受けているところです。
その上で、手術が必要か否か?について、今日、明日中にも判断がくだされるとのこと。

ただ、リバプールとしては、いずれの場合でも、ブリュースターの復帰を急がせることはせず、今シーズン中の復帰は見送る方針だそうです。

かつて、マイケル・オーウェンも怪我を負った後のパフォーマンスが変わってしまった事例もあり、ここは万全の治療、リハビリを施してほしいですね。

リバプールの金の卵であり、イングランド代表の未来でもあるブリュースターですから、大切に見ていってほしいと願います。

手術をするかどうかについては、遅くとも明日中には判明するかと思います。

ワールドカップでも大活躍をし、一躍時の人となったブリュースター。
若き才能を潰すわけにはいきません。

怪我の治療も勿論ですが、メンタルのケアも必要になることでしょう。
チームメイト、先輩の助けも借りて、元気な姿を見せてほしいですね。

大きな怪我を負ったリバプールのストライカーといえば、ダニー・イングスもいるし、いろいろ話をするのもよいでしょう。

ブリュースターが、元気にピッチへ戻って来る日を待ちたいと思います。
焦らず、じっくりと。
万全な状態にして、帰って来てほしいと、心から願っています。

YNWA

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]