エムレ・チャンの契約延長は困難な状況か

Emre Can


本年、6月30日をもって、リバプールとの契約が満了となるエムレ・チャンですが、以前からユベントスが強い関心を示しているとされてきました。
リバプールとしては、契約延長をすべく、努力を続けるとされてきましたが、現実はなかなか難しい状況であることがうかがえます。

エムレ・チャンの件について、ユルゲン・クロップ監督がDAZNに語ったことをSky Sportsが報じていますが、そのニュアンスからすると、夏以降もリバプールに留めることは出来ない場合も想定はしているように、私としては受け止めました。

ただ、ユルゲン・クロップ監督は、1月にエムレ・チャンがリバプールを出て行くことはなく、シーズン終了まではチームに残ると明言をしています。

ユルゲン・クロップ監督は言います。
「彼は、冬を越えて滞在する。エムレはまだ若者だが、素晴らしいプレイヤーへと成長し、私達にとって非常に重要な存在だ」

その上で、ユルゲン・クロップ監督は、時にプレイヤーは、契約の外に出たいと望むことがあるとし、「クラブにとっては、良いことではないが、受け容れなければならないことがある」ともしています。

また、そういう状況であったとしても、リバプールにいる間は、彼はすべてを尽くすだろうという趣旨の発言も。

今回、こういったユルゲン・クロップ監督の発言が出たことは、私なりに推察すると、契約延長交渉が、非常に難しい状況になっているのだろうということ。

リバプールとエムレ・チャンの契約は、残り半年を切り、個人レベルでは、ユベントスと交渉が出来る立場にあります。
おそらく、そちらの方向へと事態は流れているのか。

リバプールとしては、夏の移籍市場が開く前までに、チームづくりの青写真をしっかりと描き、戦力をアップさせる手を打つことが必要になりそうです。

プレイヤーには、それぞれの考えがあり、契約というものがある以上、こういうことも起こり得ることでしょう。
リバプールとしては、より強いチームづくりをするために、その時のために、着実に準備を進めてほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]