トッテナム戦に備えたメルウッドでのトレーニング風景(水曜日)


プレミアリーグ第25節で、ハダースフィールドに良い内容で勝利したリバプール。
現地時間日曜日には、トッテナムとの対戦を迎えます。
トップ4争いをしている直接のライバルだけに、大きな意味を持つ試合となりますね。

そのトッテナム戦に備え、水曜日にメルウッドで行われたトレーニングの模様が公開されておりますので、今回はその様子を見ていきたいと思います。

この試合は、アンフィールドが舞台となることから、リバプールとしては必勝を期したいところです。

サディオ・マネの表情も明るいですね。
ハダースフィールド戦では、惜しいヘディングシュートのシーンが2回あり、トッテナム戦ではゴールも欲しいところでありましょう。

ハダースフィールド戦において、ジョーダン・ヘンダーソン、ジェイムズ・ミルナー、エムレ・チャンの中盤が、よく機能したことから、アレックス・オックスレイド=チェンバレンがスタメンに名を連ねるかも注目されるところです。

相手がトッテナムということもあり、モハメド・サラーは欠かせない一人かと思います。
ゴールを量産しており、必然トッテナム戦での活躍も期待されるところですね。

ハダースフィールド戦では、控えにまわったビルヒル・ファン・ダイクですが、私としては、トッテナム戦ではスタメンだろうと予想をしております。
ジョエル・マティプ、デヤン・ロブレン、いずれとコンビを組むかが注目されます。

ダニエル・スタリッジが、ウェストブロムへローンで移籍で行った今、ダニー・イングスへの期待度は高まることでしょう。
出場時間が多くなってくれば、念願のゴールも近づいてくると思います。

ダニー・イングスと共に、期待が高まるドミニク・ソランケ。
まだ若手であり、伸びしろも大きいでしょうから、経験を積んで、ブレイクしてほしいですね。

ジョルジニオ・ワイナルドゥムにも、スタメンの可能性はあると思います。
アンフィールドでのビッグマッチに強い印象もあり、いい仕事をしてほしいですね。

多少、雪も舞っていたのでしょうか。
気温が低いことが想像できるロベルト・フィルミーノのスタイル。
いまや、リバプールにとって、欠かすことのできないタレントとなりました。

ジニとイングシーのマッチアップ。

今後、この二人がツートップを組む試合が、出て来るかもしれませんね。
イングランドコンビの奮起に期待したいと思います。

もともと、ジョエル・マティプはフィードが出来るセンターバックですが、ファン・ダイクが加入して以来、よりその姿勢が顕著になってきたように、私としては感じています。
切磋琢磨して、センターバックのチームとして、レベルアップを図りたいですね。

ユルゲン・クロップ監督から、ナンバー1の指名を受けたロリス・カリウス。
コンスタントにプレイし続けることで、プレミアに馴染み、成長していけるかが鍵になるかと思います。

トッテナム戦での左サイドバックは、アルベルト・モレノなのか?
それとも、アンドリュー・ロバートソンなのか?
現時点でのコンディションでいえば、私としてはロボではないか?とは思っていますが、どうなりますか。

なお、リバプール対トッテナム戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『リバプール対トッテナム戦(17/18プレミアリーグ第26節)の試合日程や放送予定など』

リバプールとしては、常にトップ4圏内をキープし、より高い順位へとあがっていきたいですね。

そういった意味でも、トッテナム戦が持つ意味は、非常に大きいと思います。
ぜひ、最高の試合を見せてほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]