ハリー・ウィルソン、ラザル・マルコヴィッチ、ジョン・フラナガンがローン移籍へ リバプールが公式発表

Harry Wilson


いわゆるデッドラインデーとなったフットボール界ですが、リバプールは立て続けにローン移籍を公式発表しています。
今回アナウンスがあったのは、ハリー・ウィルソン、ラザル・マルコヴィッチ、ジョン・フラナガン。

まず、ハリー・ウィルソンですが、シーズン終了までハル・シティへ行くことに。
U23では、非常に活躍をしているハリー・ウィルソンだけに、ぜひトップチームで輝いて、より経験を積み、リバプールへ帰ってきてほしいと思います。

ウェールズ代表としても、将来を嘱望されているタレントだけに、大切に育てたいですね。

Lazar Markovic

次に、ラザル・マルコヴィッチですが、アンデルレヒト(ベルギー)へのローン移籍が発表されました。

完全移籍という動きもあったのだとは思いますが、移籍マーケット最終日に、ローンという形で、話をまとめたと言えそうです。

なかなか、リバプールでの出場機会に恵まれてこなかっただけに、今度こそ良い時間を過ごしてほしいですね。

ラザル・マルコヴィッチの幸運を祈りたいと思います。

Jon Flanagan

次に、ジョン・フラナガンに関してですが、ボルトンへのローンが、公式発表されました。

本人の希望もあり、リバプールへ戻って来たわけですが、トップチームでの出場機会をつかむには至りませんでした。
ジョー・ゴメスとトレント・アレクサンダー=アーノルドが台頭してきたことは、間違いなく影響していると思います。

二人ともに、ジョン・フラナガンよりも年下であり、今後どんな道を選び、奮起していくのか。
将来へ向けて、よく考える時期にあると言えそうです。

それぞれ、リバプールにおいて置かれた状況は異なりますが、新しい場所での活躍を祈りたいと思います。

特に、ハリー・ウィルソンについては、U23において、非常に素晴らしい活躍をし、実績を残してきただけに、良き成長の機会になってほしいですね。

行ってらっしゃい!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]