ロベルト・フィルミーノの重要性を語るユルゲン・クロップ監督

Roberto Firmino


いまや、リバプールにとって欠かせない存在となったロベルト・フィルミーノ。
ハダースフィールド戦で決めたゴールも素晴らしかったですね。
角度のまったくない位置からシュートを狙いに行くとは、天賦の才だとも感じます。

ロベルト・フィルミーノとて、常に絶好調なわけではないし、時にはゴールを決められない日もあります。
しかし、そんなときでもロベルト・フィルミーノは、ディフェンス面でも汗をかき、チームに貢献する姿が、実に印象的。

さて、ロベルト・フィルミーノの重要性について、ユルゲン・クロップ監督が、Liverpoolfc.comへ語っています。
今回は、その一部ですが、私なりに印象深いと思った部分について、まとめておきたいと思います。

(Jürgen Klopp)

彼は、非常に重要な存在だ。

もちろん私達のチームには、多くのクオリティーがある。
だが、時にハイレベルだったり、時に低調であり、時には中間くらいのこともある。
攻撃というものは、常に一貫しているものではないんだ。

しかし、ロベルトはやるよ。
やって!やって!

彼は、常に得点を決めるわけではない。
彼が、常にブリリアントなわけでもない。

だが、もし彼がブリリアントでないならば、その時彼は、馬のように働くことだろう。

こういった類いの安定性を持っていることは、実に重要なことなんだ。

イングシーは、非常に良い方向へ行っている。
ドム(ソランケ)もそうだ。

しかし、ロベルトを超えるのは簡単ではないよ。

もちろん、彼が出場できない試合もあることだろう。
それでも、まったくOKだ。

彼は、相当頻繁にプレイをしてきた。
私が考えるほとんどの時間でね。

私達は、もう一度ロベルトと共にトライするべきだろう。

絶大なる信頼ですね。

これは、ユルゲン・クロップ監督が、ロベルト・フィルミーノを軸として、リバプールというチームを構築する考えを明かしたものだとも受け取れそうです。

ダニエル・スタリッジは、ローンでの出場機会を求め、旅だっていきました。
残りシーズンにおいては、名実ともにロベルト・フィルミーノがナンバー1宣言を受けた。
そう言ってもよさそうです。

監督の思い、期待にこたえるためにも、ロベルト・フィルミーノには、更なる活躍をしてほしいし、応援したいと思います。

がんばれボビー!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]