リバプール対トッテナム戦へ向けて(プレミアリーグ第26節)


来る日曜日には、いよいよビッグマッチ、リバプール対トッテナムの直接対決ですね。
現時点において、3位リバプールと5位トッテナムの勝ち点差は2ポイント。
この試合で勝ち点3を得ることは、非常に大きな意味を持ってくることになるでしょう。

まず、リバプール対トッテナム戦の試合日程や放送予定については、下記のリンクにまとめてありますので、よかったら、ご参照ください。

『リバプール対トッテナム戦(17/18プレミアリーグ第26節)の試合日程や放送予定など』

この試合を迎える日程的な部分を書くと、リバプールは第25節のハダースフィールド戦から、中4日、トッテナムはマンチェスター・ユナイテッド戦から中3日での対戦となります。

昨年10月に、ウェンブリーで両チームが対戦した際には、4-1のスコアで、トッテナムが勝ったわけですが、この試合は、ご記憶の方々もいらっしゃると思うのですが、キックオフ後、早い段階で、リバプールのディフェンスにミスが続き、4分、12分とリバプールが立て続けに失点を喫しており、自ら試合を壊してしまった感があります。

あのときには、デヤン・ロブレンに批判が集中したことも思い出されます。

今回の対戦では、よもや同じような過ちを二度繰り返すことはないでしょう。

試合のスケジュール的には、トッテナムは厳しい時期を迎えています。
マンチェスター・ユナイテッド戦に続いてのリバプール戦。
さらに、その後、2月7日(水)には、FAカップ4回戦の再試合を行い、アーセナル戦、ユベントス戦(CL)が待っています。

前回の対戦時には、試合開始早々、リバプールの左サイドから攻められ、ミスが出たことで失点しているわけで、このへんは、しっかりと締めていきたいですね。
私としては、今回については、アンドリュー・ロバートソンとビルヒル・ファン・ダイクがディフェンスに入ると予想はしています。

リバプールが勝利すれば、トッテナムとの勝ち点差は、一気に5ポイントに開きます。
何としてでも勝ちたい一戦ですね。

当然、モチベーションは高いだろうし、強いリバプールを見せてほしいところです。

モハメド・サラーとハリー・ケインのトップ・スコアラー争いもあるし、間違いなく見応えのある試合になりそうです。

リバプールは、マンチェスター・シティに勝利しているわけですから、自信を持って臨んでほしいですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]