ダニー・イングスを残したリバプール 良き日々が訪れますように

Danny Ings


1月の移籍マーケットが閉じましたね。
ダニエル・スタリッジをはじめ、多くのプレイヤーをローンで出したリバプールですが、ダニー・イングスはチームに留めることになりました。
多くのクラブから、「ダニー・イングスをローンで欲しい」という希望が寄せられていたようですが、リバプールは応じませんでした。

ユルゲン・クロップ監督が発する言葉の端々からは、おそらくダニー・イングスは残す考えだろうな・・・とは、感じていましたが、正式に残留が決まったことで、今後の活躍が期待されます。

リバプールへ加入以来、立て続けに大怪我に遭遇し、辛い日々を過ごしてきたダニー・イングス。
そろそろ、幸運の女神が微笑む頃ではないでしょうか。

ストライカーのスタメンとしては、ロベルト・フィルミーノがファーストチョイスであることは、動かないと思います。
しかし、今後ダニー・イングスは、コンスタントにベンチに入ってくるだろうし、出場機会も増えることでしょう。

ようやく巡って来たチャンスを、今度こそものにしてほしいですね。

残りシーズンにおいて、ダニー・イングスがストライカーとしての才能を発揮して見せれば、当然評価も高まるだろうし、ある意味勝負のときですね。

ゴールを狙う嗅覚に優れ、相手ボールを奪うことにも執念を燃やすプレイスタイルは、胸を打つものがあります。
ぜひ、ダニー・イングスにとって、良き日々が訪れますように。

今後、ダニー・イングスが結果を出せるようになれば、本人にとってもリバプールにとっても、実にポジティブなこと。
がんばってほしいですね。

ハングリー精神にあふれた眼光。
これまで味わってきた苦難の日々、それを乗り越えてきた男ですから、必ずや報われる時がくる。

私としては、そう信じたいと思っています。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]