試合はラインズマンによって左右されてしまった(ユルゲン・クロップ監督)


優れたレフリーというものは、あたかも空気のようでいて、目立つことがないものだと思います。
そういった意味では、リバプール対トッテナム戦を担当したレフリー陣は、存在感を猛アピールしましたね。

疑惑のPK2本もそうですが、明らかなオフサイドがあっても、フラッグを上げなかったシーンもありました。

プレイヤー達は、キックオフ直後からフルパワーで全力を尽くしていただけに、非常に残念です。

さて、ユルゲン・クロップ監督の試合後におけるコメントをSky Sportsが取り上げています。

ユルゲン・クロップ監督は、「ラインズマンによって、試合が左右されてしまった」と語り、彼は主役になりたかったのだろう・・・という趣旨の発言もしています。

言うべきことは、監督が言ってくれた。
あとは、切り替えて、次の試合で圧倒しましょう。

私も、ここからは、感情をリセットして、これからの常勝街道を行く姿を応援したいと思います。

リバプールは、ファーストハーフの間に、出来うる限りのハードワークをしたと思います。
あれだけのファイトをすれば、フィジカル的に相当な負荷がかかったことでしょう。

ぜひ、しっかりとクールダウンして、次の試合に備えてほしいですね。

この悔しさをエネルギーに変えて、再び常勝街道を進んでいけますように。

モチベーションをより高めて、残り試合で全勝する気持ちで行きたいところです。

その姿勢を貫けば、幸運の女神も微笑むことでしょう。

まだまだ、これから!ですね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]