2本のPKジャッジに納得のいかないファン・ダイク


まったくもって納得のいかない結果となったトッテナム戦。
リバプールのプレイヤー達は全力でプレイをしていたし、最高にドラマティックな試合で終わるはずが。
レフリーに台無しにされたと言ってもいいでしょう。

この試合では、トッテナムに不可思議な2本のPKが与えられていますが、ビルヒル・ファン・ダイクは、いずれもPKではなかったと確信しているようです。

試合後におけるファン・ダイクのコメントについては、エコーが報じており、この場では、その一部を私なりにまとめてみたいと思います。

(Virgil van Dijk)

最初のペナルティーはオフサイドだったと思うし、ダイブだと思う。

彼(ケイン)が、ダイブをしたことは、はっきり見えただろうし、そのことについて言えるのは、それだけだよ。

オフサイドだったか、そうでなかったかの議論は多々あるだろうが、私は間違いなくオフサイドだったと思っている。

レフリーは、ラインズマンと一緒になって、その(PKの)判断をくだした。
私達にとって良かったのは、それがセーブされたということだね。

ふたつ目のペナルティーは、彼(ラメラ)がやって来たのが見えたから、私は自分の足を引っ込めようとしたんだ。
彼はといえば、ボールの前に躯を入れてきて、自ら倒れ込んだ。

レフリーは、プレイ・オンと言ったのに、ラインズマンが違うことを言ったのには、失望したよ。

あれは、既にレフリーが決定していたものであり、そもそもラインズマンよりも近い位置で見ていたんだ。
不運だよ。

ファン・ダイクがクリヤーしようと足を振りにいった際には、完全にボールへ向けてキック体勢に入っていました。
そこへ、レイト気味にラメラが割り込んできた。

しかもファン・ダイクは、相手に怪我をさせないように、スイングをストップさせて、足を引っ込めていますからね。
むしろ、ラメラのプレイがファールに相当していたとも思います。

率直に言って、悔しい試合です。
しかし、この悔しさをプラスのエネルギーに変えたいですね。

ファン・ダイクが言っていることは、よく理解ができます。

トッテナムを褒めるとすれば、実に演技力豊かなプレイヤーを揃えているということでしょうか。

ただ、ああいった演技をイングランドの人々は嫌いますからね。

ひたむきに、体力の限界までプレスに走ったリバプールのプレイヤー達を誇りに思います。

次!
勝ちましょう!

このやり場のない思いを爆発させて。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]