今夏にはクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)争奪戦勃発か

Christian Pulisic


ユルゲン・クロップ監督が惚れ込んでいるとされるドルトムントの若手スター、クリスティアン・プリシッチ(アメリカ)ですが、いまでもリバプールは諦めていないと見られているようです。
たしかに、クリスティアン・プリシッチの名前は、ずっとリバプールの補強候補として取り沙汰されてきましたが、なかなか実現は出来ていないのが実情です。
この夏、どうなるか?ですね。

Bildによれば、リバプールはマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンとの争奪戦に直面することになるだろうとのこと。

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスティアン・プリシッチを欲しがっているという噂は、以前からありましたが、リバプールが勝ち取れるかですね。
ドルトムントからバイエルンへ行く・・・という路線は、ちょっと面白味に欠ける部分もあると、私としては個人的に思ったりもしています。

クリスティアン・プリシッチは、1998年9月18日生まれの19歳。
将来を嘱望される若手ということで、移籍金も安くはないと思われます。

報道ベースでは、£40mともされていますが、昨今の移籍マーケットにおける相場を見ていると、この金額も変動がありそうですね。

それにしても、ユルゲン・クロップ監督が、そこまでご執心ならば、何とか連れてきたいところですが、ドルトムントもクリスティアン・プリシッチを手放すことには、相当慎重なようです。

先日、冬の移籍マーケットが閉じたばかりですが、早くもフットボール界は、夏の噂が踊っています。
今年はワールドカップもあるし、移籍に関しては、多々不確定要素も生まれそうです。

リバプールとしては、勿論補強も重要ですが、コウチーニョのようなことがないように、主力をしっかりと留めたいですね。
そのためにも、プレミアリーグでのトップ4は死守したいし、チャンピオンズリーグでも勝ち残りたいところです。

今シーズンにおいて好成績を残すことが、夏の移籍マーケットにおいてもアドバンテージになると思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]